TRICOLORE DAYS

「愛・love・横浜Fマリノス」の毎日に黒パグ「J」が仲間入り~!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

横浜F・マリノス 2011年度新体制発表

いよいよ動き出した新生・マリノス。

選手の背番号も決りました。
マリノスを象徴する背番号はそこにはなく、そして見慣れた背番号には新しい名前が。
期待と淋しさが入り混じります。


クラブが本気で変わろうとしているなら、私達も姿勢を正して相対さなくてはいけないですね。

今年は正念場のシーズンになりそうです。





しっかし
新しいユニは、ちょっとくどい気もするなぁ
(幾重にも連なるVは“victory”のVってことよね)
アウェイユニは黄色…。
黄色かぁ
黄色ねぇ…。


でもな。
毎回言うんだよなぁ。

『見慣れれば大丈夫』
スポンサーサイト

| MARINOS | 2011-01-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

あと二人

直樹の移籍先が決りました。
松本山雅FC

J2昇格を目指しているチーム、たしか何年か前に天皇杯でレッズに勝ってますよね

まだまだ、J1でもJ2でもプレーができると思うけど、レギュラーとして試合に出場できる事、身体の事、そして、何よりも自分らしいプレーが出来るところを選んだのでしょうか。
直樹らしい選択なのかも。
直樹の活躍を心から祈ります。

直樹 オレ!



あとは、サカティとジローの二人ですね

特にジローは情報がないし


早く決まるといいなぁ

| MARINOS | 2011-01-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスに

功治が決断。
来季は川崎フロンターレの山瀬功治。
決意を語った功治のブログを読んでいて、改めて悔し涙が出た。
プロである以上、こういう事は覚悟してはいるんだろうけど、それがあっても尚、ここまで功治を苦しめたマリノスのやり方はやっぱり非情極まりなかった。

裕介もフロンターレへの移籍が決定的らしい。
フロンターレにはコミーもいる。


2010シーズンは、マリノスはフロンターレに負けてない。
でも、まるでコテンパンにやられた気分



アジアカップを戦う日本代表も発表されたけど、そこに中澤さんの名前はなく…。
怪我だから今回は選出されないことはわかってはいたものの、中澤さんのいない日本代表には全くテンションが上がらない。
中澤さんとマリノスとの契約に関しても、心穏やかじゃない話が聞こえてきてるし。



マリノスも代表も世代交代の時。
新陳代謝がなくてはチームは強くなれない。

わかってるけど。
わかってはいるけど、寂しいなぁ。



そして、未だにトリコロールメンバーズの更新をどうするかを決めかねている私…。

| MARINOS | 2010-12-25 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010シーズン終了

画像 116

2010年12月4日 シーズン最終戦   大宮アルディージャ


こんなにも試合の日が来るのが怖かったことはなかった。
俊輔のマリノス復帰にわいたシーズンの始まりの時、こんなにも寂しい気持ちでシーズン終了の日を迎えることになるなんて夢にも思っていなかった。

直樹への戦力外通告という衝撃から始まった1週間。
考えれば考えるほど、悲しくて、切なくて、涙がこぼれた。
試合の日がこなければいいのにとも思った。
そうしたら直樹達はずっとマリノスの選手でいられるのにって。
1分でも1秒でも長く一緒にいたかった。
でも、時は流れを止めるはずもなくて。
12月4日の90分はまたたく間に過ぎちゃった。
そして、一日たった今、尚更に、きのうのことが嘘のように感じたりしてる。


最終戦はどうしても勝ちたかったけど、結果は0-2で完封負け。
みなさんがそれぞれのブログでコメントされているように、今季のマリノスを象徴する試合だったように思う。
良くも悪くも課題を残してシーズン終了。
まだ「血の入れ替え」は続くのか・・・。
マリノスを支えた選手達が去った来シーズン。
来季のマリノスはいったいどんなチームになっているのかなぁ。


帰りの新幹線の時間もあったので、直樹の挨拶を聞いて帰路に着いた。
スタジアムでは功治のチャントが始まっていた。
後ろ髪を引かれる思いとはこのこと。
そのあと、功治とババちゃん、サカティも挨拶に来てくれたってメールが届いた。
(ジローはもう家に帰っちゃったって ( ´艸`) )









ゴール裏に選手達が挨拶に来てくれたとき、最前列に人がいっぱい押し寄せて、全然選手の顔が見えなくて・・・。
人と人の隙間から一生懸命、直樹の写真を撮りました。



直樹が笑顔を見せてくれたのが救いです。
「サッカーが大好き」と言った直樹。
永遠の「サッカー小僧」、そして永遠にトリコロールのナンバー3は松田直樹だけ。

逕サ蜒・118_convert_20101206014823

画像 119

画像 120

画像 122
 
画像 121

画像 123



松田直樹選手
山瀬功治選手
河合竜二選手
清水範久選手
坂田大輔選手
斉藤陽介選手
梅井大輝選手
浦田延尚選手



ありがとう

ありがとう

ありがとう


またピッチで逢おうね。





今年の1月、中国へ単身赴任となったダディ。
この日は念願のスタジアム参戦を果たす事ができました。
ダディと一緒にスタジアムへ行くことができて良かったです。

一緒に応援させていただいた皆様。
ありがとうございました。
今シーズンのスタジアム参戦は3回のみでしたが、ひとりでの横浜遠征も経験し、中身の濃い時間を過ごせたと思っています。
来シーズンはどのくらいスタジアムへ行けるかわかりませんが、その折にはまたよろしくお願いいたします。



≫ Read More

| MARINOS | 2010-12-05 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

マリノス マリノス マリノス

きのうからずっとずっとマリノスのことばかり考えてる。



松田直樹

山瀬功治

坂田大輔

河合竜二

清水範久

「戦力外」
こんなことでなんか聞きたくなかった名前。
マリノスから去っていく名前はまだ増えるかもしれないって。。。
もう、十分すぎるほどなのに・・・。



2005年、中澤さんを追いかけてマリノスと出会った。
テレビだったけど、初めて見るマリノスの試合に胸が高鳴った。
その時は中澤さんしか知らなかった。
中澤さんをもっと知りたくて、中澤さんの所属するマリノスを知りたくて、必死にマリノスの情報を集め、選手の顔を覚え、チャントを覚え、そして、スタジアムへ。
初めての日産スタジアムになぜかガチガチに緊張したのを覚えてる。
スタジアムデビューのその日がゴール裏デビュー。
応援の事なんて、なぁ~んにもわからない私とダディをあたたかく迎え入れてくれたサポ仲間。
生で観る試合の迫力。
90分間、夢中で歌い、跳ねた。


私とマリノスの出会いの動機はすっごくミーハーかもしれないけど、スタジアムへ通うにつれ、私はマリノスが大好きになっていった。
それは、楽しくて心優しいサポ仲間、そして他でもないマリノスの選手達がそこにいたからこそ。
そう。
共に戦って、笑って、泣いた。

普通の会社だって、辞令ひとつでどうなるかわからないこともある。
ましてやプロアスリートは実力の世界。
こういうことも仕方がないって頭ではわかっているんだけど・・・。
寂しくて、悲しくて、悔しくて。。。


こうなってみて、私の中でマリノスがどれだけのウエイトを占めていたのかと思う。



せめて、私にできること。
私にサッカーの楽しさを教えてくれた、愛すべき誇り高きトリコロールの戦士達へ、感謝と敬意を込めて、12月4日の最終戦は全身全霊でエールを送ろう。
そして、その勇姿を目に焼き付けてこよう。
たとえ違うユニフォームを纏うとしても、私にとっては永遠にトリコロールの勇者です。

| MARINOS | 2010-11-30 | comments:6 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。