TRICOLORE DAYS

「愛・love・横浜Fマリノス」の毎日に黒パグ「J」が仲間入り~!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライブが一番

8月20、21、22日の日程で『体操全日本学生選手権大会』が群馬アリーナで行われました。

最終日の22日は個人総合決勝。
見に行ってきましたお目当ては、内村航平選手
北京五輪で銀メダル。
先月、幕張で行われた世界体操で金メダルを獲得。
絶対的エースだった冨田洋之選手引退後、体操日本を牽引する選手です。
内村選手は小柄で細身の細マッチョ
演技をしていなければ普通の男の子にしか見えないのですが、いざ演技が始まるともうひとりだけ別格!
まず、絶対的に体線が違う。ひとつひとつの技の見せ方が段違い。
最終種目の鉄棒で完璧なコールマンを決めたときは、もうため息しか出ませんでした

全ての種目を安定した演技で終えた内村選手。
見事、個人総合優勝でしたぁ


あ、内村選手のお母さんも会場にいらっしゃいましたよ。テレビで見たままのお母さんでした


(体操の大会は写真・ビデオ撮影は許可を得た人のみなので、写真は撮りませんでした


久しぶりにフロアを蹴る音や、ロイター板を踏み切る音を聞き、炭酸マグネシウムが舞う会場の空気と匂いを感じました。演技中のピーンと張り詰めた緊張感も全く違います。

やっぱりスポーツは生観戦
ライブが一番



この夜のマリノスの試合をテレビ前で応援していた私。
あのでたらめなジャッジの時、できることならテレビ画面の中に飛び込んで行きたかった。
『ほら!見てみろ~っ』って、VTRをあの主審に突きつけてやりたかった。

そして、アウェイゴール裏スタンドのみんなと声が嗄れるまでチームを後押ししたかった。


この思いを全部抱えて、ニッパツに乗り込めっ
スポンサーサイト

| 日記 | 2009-08-24 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。