TRICOLORE DAYS

「愛・love・横浜Fマリノス」の毎日に黒パグ「J」が仲間入り~!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

30日の日曜日、スカパーでワールドカップの試合放送がありました。

2002年日韓ワールドカップ大会、日本の初戦 対ベルギー戦。


8年前の日本代表。
その名前を見るだけでもワクワクするようなスター選手ぞろい。
今でも現役バリバリでプレーしている選手もいれば、引退して別の道を歩いている選手も。
テレビ画面の中の選手達は当然、若い!
直樹なんて髪、茶髪だもん。
戸田選手なんて真っ赤なソフトモヒカン(ベッカムヘアとか言われたっけ~)
バットマン・宮本なんてのもねぇ。
そのビジュアルだけでなく、プレースタイルもその個性も様々な選手が勢揃い。
良くぞこれほどと思うくらい。

2002年のその時は、ただ浮かれて試合を眺めていただけだったので、細かいところの記憶はすごく曖昧。
鈴木選手のつま先ゴールも、稲本選手の豪快な勝ち越しゴールも、
「あ~。そうだったのね~。」って・・・。
当時もすごく興奮したけど、鈴木選手のつま先ゴールは今見てもゾワゾワ~ってくる。
気持ちのこもったゴール。
日本代表の予選リーグ突破はこのゴールから始まったんだよなぁ。

このときのチームってムードが一言で言うと「オラオラ」
球際も負けてないし、何がすごいって気持ちで一歩も負けてない。
選手一人ひとりが自分の持ち味を出し切ってプレーしてる。
いろいろな衝突もあったって言うけど、このチームをまとめあげたトルシエさんってスゴイなぁって思った。
あ、もしかしたら通訳のダバディさんの力かしら?(笑)




この時からワールドカップは日本にとっても単なる夢の舞台じゃなくなった。
世界と戦う場所へと姿を変えた。

その場所に立つ選手達と同じくらい私達も喜びを感じてる。

南アフリカの地に、「君が代」が流れる日はもうすぐです。
スポンサーサイト

| サッカー | 2010-06-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。